運動と食事のバランスで減量に雲泥の差が…

ダイエットの運動と食事のバランス

ダイエットでは、運動が2割、食事が8割と言われています。なぜ、運動より食事が大切なのか。その話を詳しく解説していきたいと思います・

まず、「運動2割食事8割」を詳しく説明します。その後に運動での消費カロリーと食事での消費カロリーを解説してからオススメのダイエット方法を紹介してきます。

ダイエットの運動と食事

運動と食事のバランス

体重を減らすには運動と食事どちらが効果的か知っていますか。先ほどの話の流れから食事とわかると思います。簡単に言えば摂取カロリーより消費カロリーが多いと体重は減っていきます。

運動と食事のバランス

ある専門家の方が例えば、0.5Kg痩せるには1週間のうちに3500Kcal減らさなければならないと言う。これを先ほどの比率にすると運動で700Kcal、食事で2800Kcalを減らすことで痩せることができます。

しかし、人間は摂取カロリーがなければ運動することもままならない状態になります。よく勘違いしている人がいますが、大幅な食事制限をして運動して、痩せたらダイエット成功と言うのは大きな間違いです。それはダイエットではなく拒食症に近い病気です。きちんとした方法に乗っ取り健康に痩せていきましょう。

ダイエットでの運動と食事

簡単なダイエット

運動でカロリーを消費するより、食事の方が簡単にカロリーを減らすことができます。ジョギングを20分しても消費されるカロリーは約150Kcalです。例えば運動した後にジュースを飲むと50〜300Kcal近くを摂取することになります。ほとんど意味がなくなります。

簡単なダイエットとして上記の説明から飲み物を全て水に帰る水ダイエットをおすすめします。こちらが水ダイエットについてです。

まとめ

ダイエットは運動2割食事8割!運動より食事の方が簡単にカロリーを抑えることができる。そこで、おすすめのダイエットで水ダイエットをやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です