あなたの知っている運動では痩せない!ダイエットの運動知識

運動には種類があって、それぞれ効果が大きく違います。間違った知識のままやってしまうと痩せることはできません。筋肉の使う箇所によっては無駄な筋肉がついて太くなってしまうこともあります。

まず、運動の種類と効果について説明していきます。その後にダイエットに効果的な運動を紹介していきたいと思います。

ダイエット運動の種類の効果

運動の種類と効果について

運動には大きく分けて2種類あります。「有酸素運動」と「無酸素運動」です。効果が全く違うのでしっかりと勉強してから運動に取り組んでくださいね。

有酸素運動とは

「アデノシン三リン酸(ATP)」を体内の脂肪や糖が作り出すことから有酸素運動と言います。一般的にはウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなど長時間継続して行う運動を指します。

有酸素運動ダイエットの効果

有酸素運動は脂肪燃焼をすることと呼吸器系の向上に向いています。

脂肪燃焼に繋がる効果を説明します。まず、私たちは食事から「糖」を摂取し、呼吸で取り入れる「酸素」を元にしてエネルギーを作っています。有酸素運動はこれを多く繰り返すことで、血中にある糖分が不足します。そこで体はエネルギー源として、脂肪組織を分解していくのです。これで体の脂肪が減っていきます。

無酸素運動とは

無酸素運動は先程の有酸素運動とは違い酸素を使わずに血中の炭水化物を使って、短時間に急激な運動のことです。例えば、ダッシュ、跳躍、重量上げなどがあります。

無酸素運動ダイエットの効果

無酸素運動はエネルギーを元に筋肉に負荷を掛けて行うので、筋力や瞬発力などを鍛えることができます。

ダイエットに効果的な運動

ダイエットに効果的な運動は先ほどの説明からわかるように有酸素運動の効果が必要になります。脂肪を燃焼することでスリムで綺麗な体が手に入るでしょう。

有酸素運動で痩せるためには、20分以上の運動をしてください。これには理由があります。個人差はありますが、運動で血中の糖を使うのは約20分と決まっています。そこからは体の内臓脂肪や皮下脂肪を使います。

20分以上の運動をするにあたっての注意点としては体温に気をつけてください。下がりすぎても上がりすぎても脂肪分解の効果が弱くなります。少し汗ばむくらいの運動を長く続けてください。

家の中でも有酸素運動ができると人気があるおすすめ商品です。

まとめ

有酸素運動と無酸素運動は運動でも全く異なり、ダイエットに効果的なのは有酸素運動である。また、有酸素運動でダイエットをする場合は20分以上継続して運動をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です