ダイエット効果が凄い!ローフードって何?

ローフードダイエットの効果について

アメリカで話題になったローフードダイエットをご存知ですか?

ローフード(Raw food)は生の食材のことです。このローフードにはダイエット効果がありました。

ローフードダイエットの効果について

なぜ、ローフードで痩せるのか?」今回はローフードダイエットの効果と方法について説明していきたいと思います。

ローフードダイエットの効果

ローフードダイエットの効果について

ローフードを食べることで痩せる理由とは酵素です。

酵素とは
体の消化機能や代謝機能をサポートする効果を持っています。

酵素は熱に弱く48度以上の熱で破壊されたり、減少したりします。

一番効率よく取り入れるにはローフードがいいということです。

活動の源である酵素とは?

酵素は2種類あります。

潜在酵素食物酵素です。

潜在酵素・・・体の中にある酵素で1日に作られる量は決まっています。

食材酵素・・・食材から手に入る酵素です。

潜在酵素は消化効果を優先に使い、残りを代謝効果とします。なので消化に使いすぎると代謝にはほぼ使われない状態となるのです。

ローフードダイエットが痩せる理由とは?

ローフードダイエットの効果で痩せる理由について

普段、食べている調理した食べ物は酵素が少ないため潜在酵素を使わないといけません。

しかし、ローフードであると食材酵素で自己消化してくれるので潜在酵素を使いません。なので自然に代謝が上がります。

代謝が上がって脂肪燃焼が行われるので痩せていきます。

食べていい?食べてはダメ?ローフードダイエット

ローフードダイエットの方法についてここからは説明していきます。

ローフードダイエット

ローフードでは以下の4つを食べて生活をします。

①生の食材

②加工されていない食品

③発酵食品など酵素が多い食材

④48度以下で調理された食べ物

発酵食品でもヨーグルトや豆腐は熱を使って調理されているため効果が変わるので厳密に言えば、ローフードには含まれません。

食べても良い食材の具体例

ローフードダイエットの効果がある食べ物

生野菜、生果物・・・生であれば野菜も果物もOK!48度以下であれば、温野菜にしても効果が良い。ジュースやスムージーにするのもおすすめです。

生の豆類・・・大豆や枝豆、そら豆など。生のまま食べたり、水や48度以下のお湯で湯がいて食べましょう。枝豆にはさらに良いダイエット効果があります

シード類・・・チヤシードやヘンプシードなど栄養価が高いのでローフードダイエットの効果と相性が良いです。

ドライフルーツ・・・低音で加工されたものなのでおやつに食べて効果を得ましょう。

海藻類・・・ワカメや昆布など。食物繊維やビタミンB、ミネラルも豊富なので体に良くローフードとして食べることができます。

発酵食品・・・納豆や生醤油、味噌など。加熱工程が少し入りますが発酵を続けるため効果はローフードとなっています。

オイル類・・・オリーブオイルやごま油など。ドレッシングにすると効果が良いですよ。

食べてはいけない食品とは?

ローフードダイエットの効果がない食品

ローフードダイエットでは食べてはいけない食品は大きく分けて2種類あります。

48度以上に熱が加えられた食材・・・炒め物、揚げ物、煮物などの熱を加えられた料理はローフードではないので食べることはできません。

加工食材・・・かつ処理がされた加工品はローフードではありません。

食べてはいけない具体例
・食品添加物が多く含まれるもの
・スナック菓子
・カップ麺
・脂肪分が多い乳製品
・加糖ジュース
・アルコール
・タバコ

ダイエット期間中は摂取しないようにしましょう。

注意すべき点とは?

ローフードは栄養不足になりがち!栄養素には気をつけてダイエットをしましょう。

ローフードと相性の良い効果を持つダイエットを探しましょう。

ダイエット効果からあなたに合うダイエットを探す

美容効果も良い!?

アンチエイジング効果にデトックス効果が期待できてピチピチな肌になります。

ダイエットにも美容にも効果があるなんて最高ですね♪

まとめ

食事ダイエットには様々な効果があり、ダイエットの成功は食事にあります。

ダイエットの成功は食事で8割決まる!

ローフードダイエットは酵素の効果で痩せることができます。

でも栄養不足になりやすいのでご注意を!

これでダイエット効果も美容効果も手に入れることができ、あなたは綺麗な姿になることができます。頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です