【継続しやすい♪】おかゆダイエットで痩せる!

おかゆダイエット方法について

最近は、「果物」や「野菜」を使ったダイエットが多いですよね。

炭水化物が制限されて空腹感の辛さに耐えることができず、ダイエットを失敗するケースが多くあります。

おかゆはお米を柔らかく炊いたもので、炭水化物です。

おかゆダイエットについて

本当にダイエットの効果はあるのでしょうか?

今回はおかゆダイエットのダイエット効果や方法をわかりやすく説明していきます。

おかゆを食べて痩せる理由とは?

ダイエットの基本といえば糖質を制限して痩せる方法があります。

おかゆは糖質ですが、本当にダイエット効果はあるのでしょうか。

おかゆはカロリーが低いの??

おかゆダイエットはカロリーが低いについて

ダイエットをしたいけど、炭水化物を抜きたくない人におすすめです。

おかゆの場合、お米を使っていますが、水分でカサ増しされているので、お茶碗1杯あたりのお米の量が少ないです。

そのため、白米で食べるよりも糖質(カロリー)が少ないです。

おかゆの状態にもよりますが、だいたい白米の半分の100kcalとなります。

100kcalを消費するために必要な運動量は下記のようなものがあります。

おかゆダイエットの消費カロリーについて

1日だけなら簡単に見えると思いますが、毎日継続するにはしんどい量の運動だと思います。

毎日食べている白米をおかゆに変えるだけで200〜300kcalも少なくなります。

継続しやすいのがおかゆダイエット!!

炭水化物を抜いてしまうダイエットが苦手な人は多いです。

痩せることはできるかもしれませんが、空腹感が辛いと感じるからです。

おかゆダイエットは炭水化物を食べることができるので、比較的継続しやすいダイエットです♪

おかゆダイエットのメリット・デメリット

おかゆダイエットのメリット・デメリットについて

おかゆダイエットのメリット・デメリットを簡単に説明します。

メリット

  • カロリーが低い
  • 水分を多く含むので満腹感を感じることができる
  • お米さえあればできるダイエット

デメリット

  • 作り置きができないから大変
  • 味が単調なので、濃い味のおかずを食べてしまう

おかゆダイエット方法はただ食べるだけではない!?

おかゆダイエットの方法は、ただ食べるだけではありません。

ルールを守って健康的に痩せましょう。

カロリーが低くても茶碗1杯!

おかゆダイエットのルールについて

いくらカロリーが低いからといっても、食べればカロリーは摂取されてしまうので、茶碗1杯だけにするようにしてください。

毎食の白米を全ておかゆにするとよりダイエット効果を出すことはできます。

毎食は辛いと感じる方は、夕食をおかゆにしましょう。夕食後は運動をすることがないと思うので摂取カロリーを抑えましょう。

時間をかけてゆっくりと♪

おかゆに限ったことではないですが、ご飯をゆっくり食べるようにしましょう。

ご飯を食べる時間が20分以内の人は太りやすいと言われています。

よく噛んで、口の中がなくなるまで噛んでみましょう♪

期間は2週間が限界です。

おかゆダイエットの期間は2週間が限度です。

それ以上続けても体が慣れてしまうので、なかなか成果を出すのはしんどいと思います。

2週間以上続ける場合は体重維持のために行う感じになります。

まとめ

おかゆダイエットは白米に比べてカロリーを少なくすることで痩せることができます。

炭水化物を食べることができるので、辛さは少なく継続しやすいダイエットになります。

お米があればできるので、ぜひやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です